家の鍵の紛失トラブルに遭った時は鍵屋に交換依頼を出そう

鍵は住まいの安全対策に欠かせません。

鍵穴にトラブルがあれば、それは即座に防犯対策にとってリスクとなります。空き巣の被害に遭う確率を自ら高めてしまいます。玄関や勝手口のドアの鍵穴が正しく使えなくなったなら、身近な鍵屋に相談しなければいけません。

実際私も家の玄関の鍵を無くしてしまった場合はカギ屋さんに鍵を開けてもらい、防犯のことも考え鍵交換もしてもらいました。

鍵の寿命は10年ぐらいだそうで、鍵穴はそう簡単に壊れてしまう場所ではありませんが、長年暮らしていた住まいだと錆びてしまったり、穴に異物が入ったり、強引に家族のだれかが扱う事で穴がゆがんでしまうなどのリスクが生じるようです。

また子供などに渡していた合鍵を、うっかり本人がどこかに落としてしまった場合も鍵交換の必要性が出てきます。家族の者が鍵を入れた鞄などの盗難被害に遭った時も同様です。

見知らぬ第三者が家のロックを解錠出来てしまいます。それはとても危険な状態ですので、鍵屋に相談してトラブルが起きる前に全く新しいタイプに交換しましょう。最近ではリーズナブルな価格で交換の工事を引き受ける専門店が各地にあります。相談だけなら電話等で気軽に行えます。

家族の者が在宅中の都合が良い時間帯に限り訪問してもらえますので安心です。交換の工事は短時間で済みます。最新版のセキュリティ力が高い錠前に変更すれば犯罪対策にも役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です